ヒロカズの生きた日々

みんなのアイドルひろちゃんを目指して、日々オモシロのカケラをお届けするブログです。

鈴木くん及び彼の母親鈴木カルメリータの伝説。

 

小中学生の頃、

鈴木くんという友達がいた。

 

彼はフィリピン人の母親を持つ

ハーフだった。

 

ふと、

 

彼や彼の家庭にまつわる

謎のエピソード

彼の母親、鈴木カルメリータ

ヘンテコな日本語のことを思い出したので

筆を執ってみた。

 

ちなみに今日平成30年10月9日は

8年前占い師に占ってもらった

私の生まれた年と生まれた月の干支のパワーがマックスに達する

運命の日らしく

今日書いた記事がバズってなにかが起こるのではないかという

目論見があるのだが、それはまぁどうでもイイ。

(なら書かないでイイ)

 

 

******

 

 

 

伝説①

中学の英語のテストの後のことである。

鈴木くんと先程のテストについて話していたら、

「あの『なまりふで』っていうのなんだったの?」

と彼が言った。

 

彼は日本語を英単語に直す問題の

「鉛筆」と書かれたところを

英語に直せないどころか

日本語として解読できていなかったのである。

 

 

伝説②

鈴木くんには小さい弟がいて、

しばしばその弟に僕らが遊ぶゲームキューブの電源を切られたりした。

問題はその弟、

『ウィリー先生の子ども』

という謎のプロフィールで、鈴木一家全員に

「ウィリーボーイ」

と呼ばれていたのである。

高校に入ってから鈴木くんは引っ越してしまい疎遠になり

今では連絡も取れない仲になってしまったので

ウィリーボーイの本名も、謎の人物ウィリー先生の正体

今ではすべて闇の中である。

 

伝説③

鈴木くんの家には謎の居候

こうすけくん」(違う名前だった気もする)

という僕らの3個下ぐらいの年の少年も住んでいた。

彼は純日本人風で少なくとも鈴木くんの母、

鈴木カルメリータの血を引いているとは思えない。

どこのお子さんどういう事情で鈴木家で預かっていたのか

今となっては闇の中である。

 

ちなみにこのこうすけくん、遠足に行った際

鈴木カルメリータ女史に作ってもらった弁当の中身を

なにやらこっそり捨てたらしく、

(鈴木家の料理は異国情緒が激しく、

夕飯時に謎のスパイスで激臭が漂うこともあり

こうすけくんには食べるに耐えなかったのかもしれない。)

それが発覚して

カルメリータ女史に木の棒でぶん殴られてた。

(我々が遊びに来ているにもかかわらずその傍らで)

 

伝説④

鈴木カルメリータ女史、やはり日本語はあまり達者でない。

我々が鈴木くんの家に遊びに行くと

「オ前、イラッシャイ!」(ラは巻き舌)

というありがたき歓迎の言葉をいただくことができた。

 

伝説⑤

僕と鈴木くんで

部活の帰りに自販機の前でだべっていたところ

鈴木カルメリータ女史が通りかかった。

自販機を前にした僕らに、

(この子達はジュースが飲みたいのかしら?

私がご馳走してあげてもいいわよ?)

という意味合いで彼女から掛けられた言葉(憶測だが)は

「オ前、金欲シイカ?!」

というエキセントリックなフレーズだった。

 

 

*****

 

 

いかがだっただろうか、

 

ちなみに鈴木カルメリータ女史はスタイル抜群

かのナオミ・キャンベルみたいだと

我々の母親ネットワークの中では有名だった。

 

f:id:maitake0223:20181009214330j:plain

イメージ図(画像がデカイ笑)

 

そんな素敵な彼女の風貌から放たれる攻撃的な日本語

そして彼女の血を引く鈴木くん本人の不思議な魅力

あの頃の僕はメロメロだったのだと思う。

 

そんなワケで鈴木くんは結構美形だったので

高校でイケイケになってしまったらしく、

高校時代イケテナイイケテナイだった僕は

なんだか引け目を感じて

連絡をとらなくなってしまったのだ。

 

惜しい人材を手放してしまった。

 

と思う反面、

今も謎は謎のままなところが

このエピソード達の面白いところな気がして

本気で鈴木くんを捜索する気にはなれない僕がいる、

 

そんな秋の日なのであった。

 

fin...